有限会社ケーピーエム

〒039-1166 青森県八戸市根城1-34-9

0178-44-9810
22th Anniversary
メニューボタン

HOME八戸市で注文住宅を手掛ける【有限会社ケーピーエム】のお役立ちコラム ≫ リフォームでの外壁工事で思うところ・断熱工事の難しいところ~八戸市とその近郊で外壁工事や断熱工事のリフォームなら有限会社ケーピーエムまで!~

リフォームでの外壁工事で思うところ・断熱工事の難しいところ~八戸市とその近郊で外壁工事や断熱工事のリフォームなら有限会社ケーピーエムまで!~

リフォームでの外壁塗装工事をする際に今一度考えてみませんか?

住宅の外壁リフォームで塗装工事を検討していて、長い目で考えた結果、塗装工事を止めて既存の外壁材の上に金属サイディングの重ね張りをする「外壁工事」に変更したというケースがあります。 これは、塗装工事に比べると工事費は2倍近く掛かりますが、金属サイディングの耐用年数を考えると、10年前後に一度は塗り替えなければならない塗装工事に比べてお得だという判断から行われるものです。

もちろん、既存の住宅の外壁材を剥がして新しい金属サイディングを張る外壁工事もありますが、その場合はご希望の予算と合わせてのご検討となります。但し、既存住宅の基礎の状態にもよりますので、工事をお考えの際はご相談くださいませ。まずはお客様のライフプランを考慮して、その住宅の現在の状態でベストなリフォーム工事をご提案させていただきます。

断熱工事や気密工事の必要性

断熱工事や気密工事の必要性

八戸市は、寒さが厳しい地域です。住宅の断熱性能の目標値を定める断熱地域区分では、8段階中の3番目に寒い地域に位置づけられるなど、断熱工事の必要性が極めて高い地域となります。

2020年までに現行の省エネルギー基準がすべての新築物件で義務化されるだけでなく、現在でも税制および住宅ローンで適用される優遇措置の多くが、省エネルギー基準を満たしていることが条件となっています。断熱工事は、省エネルギー基準を満たすために不可欠なものです。

寒さの厳しい八戸市では、居住性の面からも断熱工事は欠かせません。これから家を建てる場合は、断熱性と気密性の高い住宅設計をおすすめいたします。また、現在お住まいの住宅も、リフォームによって断熱性と気密性を高めることができます。新築やリフォームでのご計画の際には、お気軽にお声掛けください。

リフォームでの断熱工事は意外と難しいものです!

リフォームでの断熱工事は意外と難しいものです!

新築での断熱工事は、柱や桁または土台などむき出しの状態から断熱材の施工を行います。工法や種類によって異なりますが、断熱材を納めてから防湿フィルムや下地材などを納めていきます。断熱材は構造から見ると一番奥に設置されるため、新築での断熱工事は隙間なくしっかりと納まり、十分な性能が発揮されます。

このような点から考えると、リフォームでの断熱工事は納め方が比較的手間の掛かる工事となります。まず断熱材を隙間なく納めるには、工法や種類によって違いはありますが、手前にある壁材を剥がしそして下地材などを外します。

そこからは新築と同様の手順で納めていきますが、リフォームでの断熱工事は新築と比べて解体費と廃材処分費が余計に掛かってしまいます。また現場の管理をするにも、しっかりと目視をしなければ小さな隙間などを見落とす可能性もあります。リフォームで新築と同様の断熱材を使って同じ性能を出すには、このように工事費と一手間を掛けることが必要不可欠となります。

お役立ちコラム

八戸市でリフォームを依頼するなら有限会社ケーピーエム

会社名 有限会社 ケーピーエム
住所 〒039-1166 青森県八戸市根城1丁目34-9
連絡先 0178-44-9810
URL http://www.kpmstyle.com
このページのトップへ戻る